業務内容

法律顧問法務

企業顧問法務
非営利法人顧問法務

企業法務

会社法務
不動産法務
債権回収法務
企業倒産法務
労働法務
企業裁判法務

個人法務

相続法務
離婚法務
個人倒産法務
個人裁判法務

非営利法人法務

医療法人法務
宗教法人
社団・財団法人法務
NPO法務

予納金

 裁判所に破産・民事再生等の申立てをする際には,裁判所に予納金を納める必要があります。予納金は,破産管財人・監督委員の報酬等,各手続の費用に充てられます。

 予納金の具体的な額は,裁判所が事件ごとに決定しますが,各裁判所がおおよその基準を設けています。名古屋地裁における破産及び民事再生の予納金は以下のとおりですが,個別の事情により増減することがあります。

・自己破産申立て

負債総額法人個人
1億円未満60万円40万円
1億円~80万円60万円
3億円~100万円70万円
10億円~150万円
30億円~300万円
50億円~500万円
100億円~800万円
300億円~1000万円
500億円~1200万円
1000億円~1500万円以上
※官報公告費用を除く

 ただし,換価可能な財産が少ない,賃借不動産の明渡し・原状回復が終了している等の要件を満たす場合は,少額予納管財(S管財)事件として,予納金は以下の表のとおりとなります。

法人20万円
個人20万円
法人とその代表者の同時申立て合計30万円
※官報公告費用を除く

・債権者破産申立て

負債総額法人個人
1億円未満150万円120万円
1億円~225万円150万円
5億円~300万円250万円
10億円~375万円300万円

・民事再生
 監督委員選任型(会社組織)

負債総額予納金
1億円未満200万円
1億円~250万円
10億円~300万円
30億円~350万円
50億円~500万円
100億円~900万円
250億円~1000万円
500億円~1200万円
1000億円~1300万円以上


 監督委員選任型(個人事業者)

従業員数負債総額予納金
従業員なし又は親族のみ5000万円未満40万円
5000万円~60万円
5名以下1億円未満80万円
1億円~150万円
5名を超える会社組織と同様

 調査委員選任型

①会社について再生申立てが同時に(又は先行して)
なされている場合の会社役員又は会社債務の保証をしている者
②非事業者
原則20万円


執筆者: 柚原 肇

ページの先頭へ戻る

トップページ

業務内容

採用情報

お問い合わせ