業務内容

法律顧問法務

企業顧問法務
非営利法人顧問法務

企業法務

会社法務
不動産法務
債権回収法務
企業倒産法務
労働法務
企業裁判法務

個人法務

相続法務
離婚法務
個人倒産法務
個人裁判法務

非営利法人法務

医療法人法務
宗教法人
社団・財団法人法務
NPO法務

不動産売買

 不動産を売買する際に,以下のようなトラブルに巻き込まれることが散見されます。

【売主が巻き込まれるトラブルの例】

  • 売買契約を締結し,決済を1か月後に予定していたが,買主がお金の工面ができないのか,決済日をずるずると延ばされている。
  • 決済・引渡し後,買主から些細なことで何度もクレームをつけられ,買い戻しや法外な金額の支払いを請求されている。

【買主が巻き込まれるトラブルの例】

  • 売買契約を締結し,手付金を支払っているにもかかわらず,売主が突然に「売らない」と言い出した。
  • 決済・引渡しの後,すぐに給湯機が壊れた,台風が来たら雨漏りした,床下が腐っていた,地中にコンクリートガラスが埋まっていた,隣家の騒音に耐えられない等の問題が発覚した。契約時に説明を受けていない。売買契約をキャンセルしたい。キャンセルが無理であれば,買主・仲介会社に修繕の実施か修繕にかかる費用の負担,もしくは売買代金の減額を請求したい。

 多くの方にとって,不動産の売買は何度も経験することではありません。そもそも不動産の売買に不慣れなうえに,不幸にも上記のようなトラブルに巻き込まれた場合,どのように対応すればよいのか分からないのが通常です。本来は相手方や仲介会社に請求できることを請求しない,反対に,本来はそこまで負担する必要がないことまで負担をしてしまう,という事態になりかねません。

 しかし,不動産トラブルは数多くあるからこそ,関係法規や判例も数多くあります。具体的事案を正確に把握し,関係法規・判例の十分な調査・分析を行い,買主・売主それぞれの立場において主張するべきこと・対応するべきことを確定し,トラブルを解決します。
 当法律事務所は,不動産売買に関するトラブルに関して,長年の実績と豊富な事案の蓄積を有しており,適切な解決を図ることが可能です。

執筆者: 柚原 肇

ページの先頭へ戻る

トップページ

業務内容

採用情報

お問い合わせ