案件への取組み体制

1.企業法務について豊富な経験を持つ人材がいます。

  1. 会社法についての専門的な研究
  2. 製造業(自動車部品メーカー等),不動産仲介業,大手小売業等,広告代理店業の大企業の法律顧問および数多くの中小企業の法律顧問の経験
  3. 事業者破産・破産管財人,民事再生手続の申立代理人・監督委員等の倒産業務で培った経験

を通して,とくに企業法務について豊富な経験のある人材がおります。

2.案件ごとに最適な人材からなるチームを編成します。

当法律事務所には,弁護士登録約20年,約10年,約5年,そして新人の弁護士がおります。弁護士としての経験は異なりますが,例えば,新人の弁護士は,最新の法律・判例を学び,最新の知識で理論武装しております。弁護士の持つ経験と知識が最大限に効果を生むよう,案件ごとに,最適な人材からなるチームを編成して対応します。

3.案件を徹底的に研究します。

案件ごとに編成された最適なチームにおいて,それぞれの案件に関する法律・判例を徹底的に研究します。法律や判例は日々変わります。昨日までの常識が今日の常識である保証はありません。弁護士としての経験の異なる者からなるチームにおいて,最新の法律・判例を研究して,案件に向かいます。

4.案件ごとに適切なスタッフが皆様をサポートします。

当法律事務所には,弁護士のサポート・法律事務職を担当するスタッフがおります。スタッフは,記録の管理や弁護士との連絡の取次等を的確に行います。また,スタッフが担当する法律事務職は専門職として重視され、弁護士の指導の下で多くの責任ある仕事に携わることによって、確かな経験や能力を身に付けています。案件ごとにスタッフがつき,弁護士チームと力を合わせて,案件処理や依頼者の皆様との円滑なコミュニケーションを実現します。

ページの先頭へ戻る

トップページ

業務内容

採用情報

お問い合わせ